Pocket

こんにちは、ながのです。

電子ドラムを買うべきか否かについての長い旅も、今回で一応完結ということになります。

いや、ほんとですよ(汗
僕も流石に話すことなくなりましたから。

そもそも家で練習するっていうのはね、、、
って、こうして前置きが長くなってしまうからいけないのか。

でも、恐らくこの電子ドラム3部作、のべ1万5千文字を超える文章を読んだあなたは、きっとその辺のドラマーよりも、確実に頭でっかちになっていることでしょう。
やーいやーい。

(笑)
じゃ、早速おさらいと行きましょうか。

<電子ドラムは買った方がいいのか(前後編)のおさらい>

電子ドラム
まず、電子ドラムのメリット2つ。

生ドラムに比べて音量が小さい。
設置面積が小さい。

デメリット4つ。

そうは言っても音は出る、それなりに。
足の振動もある。
叩く面積が小さい。
内蔵音源設定が面倒(僕は)。

そして、これを踏まえた選択肢が3つ!

 

1.お金もスペースもあり、ドラムを心底楽しみたい人

タマ ドラムセット インペリアルスター 椅子・シンバル付(←生ドラム)
+(プラス)
白井式ハイブリッドドラム消音セット(18インチ)

 

2.ドラムを楽しみたいけどお金がとにかくない人

MAXTONE TD-5CST トレーニングドラム

 

3.お金はあるけどスペースがないリッチなドラム初心者

電子ドラム(打面がメッシュのやつなら何でも良し)

 

この内、1番が最もおすすめですが、そのデメリットは、下のとおり。

高い!約10万円!!←解決奥義あり
設置面積が広い。
それなりに音が出る。
振動対策必須。

そして、メリットは、

打感が本物とほぼ同じ。
本物のドラムセットである。
本物だからテンション上がる。
ドラムを叩くのに必要なものはほぼ全部揃う。

もしですね、前回、前々回の記事を読んでいない、ドラム初心者で電子ドラム購入を検討している、というような人はこちら(前編)こちら(後編)の記事を読んでから今回の記事を読むと失敗しない買い物ができますよ。

<初心者用ゴムパッドフルセット>

さて、おさらい長かったですね~、どんだけ話したんでしょうか、僕は。

でも、これについてくるあなたも偉い!

…ドMですか?
 
 
と、いうわけでですね、選択肢の2番。

MAXTONE TD-5CST トレーニングドラム

こいつについて説明しましょう。
ゴムパッドセット
これはですね、スネア、ハイタム、ロータム、フロアタム、バスドラムがいわゆるゴムパッドでできています。

なので、音の大きさも打感もゴムパッドです。

そして、シンバルはプラスチックでできていて、ハイハット上下と、ライドとクラッシュが1枚ずつ付属してます。

で、メリットは何かというと、とにかく安い!!

税込で約2万円!
生ドラム+白井式の5分の1(笑

グレードを下げれば(シンバルが1枚でよければ)、なんと18,750円(税込)。安いね~。

そして、次のメリットは、省スペース!&手軽。


実物を見たことがないのではっきりしたことは言えませんが、写真を見る限り、畳1畳あれば十分かなと。
椅子が若干はみ出ると思いますが。

なので、ドラムを続けるかわからないけど、とりあえずやってみたい、とか。

お金がなくてスペースもなくて、でもドラムはやってみたい、とか。

生活圏内にスタジオはあるから、生ドラム(本物のドラム)はそっちで叩き、家では身体の動きの練習がしたい、とか。

そういう人にはおすすめです。

じゃあ、デメリットは?というと、まず、打感が全然違う。
これを使う以上、「これはドラムとは全く違うものだ」という認識が必要になってきます。

生ドラムを叩く経験がたくさんある上で、このパッドセットを叩くなら、その誤差を修正することも可能だと思います。

つまり、パッドを叩いていながらも、本物のドラムから出てくる音で脳内変換したり、叩いた感触の違いを「本物だったらこうだよね」って修正することができるなら、大丈夫だと思います。

でも、初心者だったらそれはできないし、全く生ドラムに触れる機会がない初心者の方がこれを使ってしまうと、結局後々になって、ドラムを買い直したり、身についてしまった変な癖を直さなくてはならなくなったりします。

それは大変ですよね…。

次のデメリットとしては、製品のクオリティに疑問があります。

同じ製品を扱う別のサイトを確認すると、「中国製ですので、若干仕上げの悪い箇所や作りの華奢な部分もございます」とあります。

また、シンバルがプラスチックらしいので、音が結構出ると思えるし、壊れてしまうかもしれません。

壊れたドラム

ざっと、そんなわけで、とにかくお金とスペースがない人以外には僕はこれをおすすめしません。

でも、これでみっちり練習して上手くなる人も絶対存在するので、全てを否定するつもりもありません。

僕が出したメリットデメリットをよく考えてもらって、自分で納得のいく選択をして欲しいなあと思います。
 
 
あ、それから一つだけ。

もし、これを購入する時には気をつけてほしいことがあります。

それは、サイトによって僕がリンクを張っているものより安いものが存在するんですが、なぜ安いかというと、椅子が付属してなかったり、シンバルが1枚しかなかったり、フロアタムがなかったりしているからです。

とりあえず、僕のリンク先であれば、一式揃っているので(クラッシュは1枚ないけど)、安心してください。

MAXTONE TD-5CST トレーニングドラム

 

<電子ドラムについて>

電子ドラム
お金は充分にある、でも置くスペースがない。
…こんな人がいるのかどうか疑問ですが。
多分、お金が充分にあれば住んでる家も広いのでは?!
 
 
 
では、気を取り直して、電子ドラムについてですが、正直言って、、、
 

 
よく分かりません!

ごめんなさい!


なんかこの間こんなやりとりしましたね、、、。
まあ、買ったことがないのでよく分からないんですよね。
なので今度楽器店に試奏しに行ってきます。

分かる範囲で考えると、電子ドラムでも安い方のパッドタイブだと、さっき紹介したものとほぼ同じです。
電子ドラム
打感とかスペースとかほとんど変わらないです。

ただ、電子ドラムなのでパッドを叩くと、ヘッドフォンから「いい音」が聞こえます。
なので、ヘッドフォンをして練習すれば「いい気分」になることは可能かなと。

でも、電子ドラムを買うのであれば、打面がメッシュタイプのものを断然おすすめします。

なぜなら、白井式と同じ理由で、打感が本物に非常に近い。
それでいて、省スペース!


叩いてる時の音もそれなりに静かだし、練習用としては申し分ないとは思います。

しかし、最大のデメリットは、高い!!

ざっと見ても打面がメッシュのタイプは15万円からで、大体が20~30万円オーバーですか。

 

初心者に払わす値段じゃねえ…

 

10万を下回るものもありますけど、正直「大丈夫かな…」と心配になります。
多分、何かを犠牲にして安くなっているはずなので、すぐ壊れるとか修理代が高いとかありそうな予感がしますね。

 

結局のところ、僕は初心者の方に電子ドラムはおすすめしません。

打面がパッドのものを選ぶなら、選択肢2のパッドセットで十分だし、打面がメッシュのものは値段が高すぎる。


なので、お金が充分にあってスペースに困っている場合は、
おすすめです。

 

<ZENNドラムセットについて>

zennドラム

ZENNというメーカーのドラムセットがあります。

突然何じゃという感じですが、激安ドラムセットを販売するメーカーとして、ドラム界(というのが存在するか定かではありませんが)では、割とちらほらと目にする名前ではあります。

ここが販売するドラムセットはなんと3万円台。

しかし、販売サイトのクチコミ欄に書かれた評価がひどい(苦笑

おすすめできない、とか。
シンバルが曲がった、とか。
(普通どんなに叩いてもシンバルは曲がりません)
ネジを締めても締めてもくるくる回る、とか。

演奏する以前の問題で色々と頭を悩ますドラムセットみたいです。
そのせいなのか分かりませんが、某ネットショップの○天では取り扱いすらされていません。
○○ゾンでは販売されてました(2018年4月時点)。

このドラムセットを買うくらいなら、白井式を買うのを激しくおすすめします。

しかも、ZENNを買っても消音キットがついてないので結局トータル5万くらいになってしまうんですよね。

だから、ZENNのドラムセットは考えなくていいです。

<結局おすすめは??>

ゴールイン
さて、3回に渡って書いてきた「電子ドラムは買った方がいいのか」話ですが、
ようやく結論です。

まず、電子ドラムは、メッシュタイプを買わないと意味がないです。
でも、メッシュタイプは高すぎるので初心者にはおすすめしません。

そして、お金がない人にはパッドセットをおすすめします。
MAXTONE TD-5CST トレーニングドラム


そしてそして、最後に真のおすすめは、これです。

タマ ドラムセット インペリアルスター 椅子・シンバル付(←生ドラム)
+(プラス)
白井式ハイブリッドドラム消音セット(18インチ)


もう、この値段で、全部揃って、クオリティも高いものは他では見つかりません。

そして、気づいちゃったんですけど、白井式の唯一にして最大のデメリットである「高額!!」ということについてですが、これって、 クレジット決済にすれば、分割払いができますよね??

 

例えば、VISAカードで10万円の分割払いを試算してみたところこんな感じでした。

10ヶ月の分割払いだと月々約10,700円。
12ヶ月だと月々約9,000円。
18ヶ月だと月々約6,300円。
24ヶ月だと月々約4,900円。

ざっくりですが、24回払いなら月5,000円で買えちゃうってことですね。

これって、超安くないですか??

1日あたり160円、、、?

毎日何気なく飲んでる清涼飲料水やお茶のちょっと良い奴と同じ値段、、、。

 

これって、買えません??

 

分割払いだからトータルだともちろん多く払うことになりますけど。
でも、その分ドラムを叩く楽しみを買ったと思えば…


大観衆ドラマー

と、そういうわけで、見事に最大のデメリットも解決しまして(笑

ここで他のメリットも振り返ってみましょうか。

打感が本物とほぼ同じ。
本物のドラムセットである。
本物だからテンション上がる。
ドラムを叩くのに必要なものはほぼ全部揃う。

やっぱり本物を叩けるっていうのはデカイです。
まあ、音もデカイので消音キットを使わざるを得ませんが。

でも「自分のウチにドラムセットがある。」
これは本当にニヤニヤもんですよ。

今まで、なんとなく残業してたり、なんとなく本屋とかに寄り道したり、なんとなく飲みに行ったりしてたと思うんです。
が、たぶん、いや、間違いなく、ソッコー帰宅しますね(笑

うん、間違いない。

家に帰れば、愛しのマイドラムちゃんが迎えてくれる。
電車の中で練習してきたドチタチドドタチを、うちに帰ったらドラムで演奏できる、、、!!

やばい、妄想止まらない。

と、いうわけで、

タマ ドラムセット インペリアルスター 椅子・シンバル付←生ドラム)
+(プラス)
白井式ハイブリッドドラム消音セット(18インチ)

 

おすすめです。

高い買い物なのはクレジット分割払いという奥義で解決、あとは、スペースの問題くらいでしょうか。

でも、スペースはもうこの際、作りましょう。
例えば1年間使ってないもの、ありますよね??

捨てましょう、断捨離です。

新しい家族(ドラム)を迎えるわけですから(笑

タマ ドラムセット インペリアルスター 椅子・シンバル付(←生ドラム)
+(プラス)
白井式ハイブリッドドラム消音セット(18インチ)
を買うのか、


MAXTONE TD-5CST トレーニングドラム
を買うのか。

 
じっくり考えてもらって、あなたにとって一番いい選択をしてくれれば、
僕も1万5千文字以上書いてきた甲斐があるってもんです。

奥様がお財布の紐を握っているなら、家事をちょっといつもより多く負担したり、「美味しいね」「大丈夫?」「いつもありがとう」と声をかけてあげましょう。

親御さんにお世話になってる身であれば、ちゃんと勉強したり家のことをやりましょう。

真剣にお願いすれば、きっとあなたのキラキラした目が相手の心を動かします。

 
それじゃあ僕は、あなたの思いが成就するように、これから神社へ参拝に行ってきます(笑

というわけで、長い長い電子ドラムの旅も終りです。
最後までお付き合いいただき、どうもありがとうございました!ではでは、また。

神社

<まとめ>

タマ ドラムセット インペリアルスター 椅子・シンバル付(←生ドラム)
(プラス)
白井式ハイブリッドドラム消音セット(18インチ)
分割払いなら月5,000円

MAXTONE TD-5CST トレーニングドラム
税込2万円

 
そうそう、ひとつ白井式について注意点があって、結構重要なんですけど。

ドラムってタイコの大きさが色々あるんです。
 
で、その色々に対応する形で白井式も4パターン出てるんですよね。

大雑把に言うとバスドラの大きさが、18、20、22インチと3種類あって、22インチのタイプはタムの大きさ違いのものが出ています。

コチラのページの真ん中辺りに図が載っているので、自分が買うドラムセットとにらめっこして、ちゃんとタイコの大きさの合う物を購入してくださいね。

じゃないと、買ったは良いけど大きさが合わなくて白井式がはめられなかった、なんてことになりますから。

ちなみに、僕がブログでおすすめしてる奴は18インチです。

バスドラとしてはちょっと小ぶりですが自宅で使うなら充分ですし、一番安いです。

一応リンク張っておきますね!

タマ ドラムセット インペリアルスター 椅子・シンバル付(←生ドラム)
(プラス)
白井式ハイブリッドドラム消音セット(18インチ)
分割払いなら月5,000円

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

 

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。