Pocket

こんばんは、ながのです。

今回は、リハスタに入ってまず最初に何をしましょうか、
という話ですが、
それはドラムのセッティングです。まずはね。

下の画像を見て下さい。
これが、ドラマーから見たドラムセットですね。
基本的にはこの通りに組めればストレス無く演奏できると思います。

多点キット1

 

 

 

 

 

 

…嘘です。

こんなたくさんのタイコとシンバルを
初心者が組めるわけないじゃないですか(笑

せいぜいこれくらい組めれば十分ですよ。

3点キット正面

、、、ちょっと少ないかな(笑

ハイハット無いね…


では、今回はこんな感じで
1.リハスタのお話おまけ
2.意外と大事なイス

じゃあ、早速行きましょうか。

<1.リハスタのお話おまけ>

ドラムセット

イスの話に行く前に、
リハスタのことをもう少し話しておきましょう。

人生初のリハーサルスタジオ、

そして、

ついに、

防音室へ入ります(笑

防音室って入ったことあります?
あ、イマドキの学校って
音楽室とか視聴覚室が防音だったりするのかな。

僕は両方とも普通の部屋でした(笑

その代わりというか、英語のリスニング用の教室があって
そこは防音だったんですよね~

、、、多分。

そんなわけでほぼ人生初(僕の話か)の防音室のドア、
これね、結構慣れないと開けづらいです。

二段階になってるんですよね。

ドアノブ


これが閉まってる状態、ここから、
開ける時は、いったんドアノブを回して、
ロックを外してから引っ張る(又は、押す)。

ドアノブ

そして、開けるとたいていもう一枚同じドアがある(笑

回して、ロックを外したら、今度は押す。
入ったら、閉めて、
取っ手を回してロックする。2枚とも。


めんどくさいですね~、
でも防音なんで仕方ないです。慣れましょう。

で、部屋に入ったらとりあえず、
ドラムセットがあると思います。
こんな感じで↓

ドラムセット2

と、いうわけで、いよいよドラムを叩いちゃいます。

<2.意外と大事なイスの話>

イス

唐突ですが、

セッティングで最も大事なものは何でしょうか?

それはですね、

 

実は、

 

 

イスなんです。

 

タイトル読めばバレバレ
なんですけどね…

で、

イスなんですよ。
これがねえ、意外に侮れないんです。

変な話、

楽器をひとつだけしかもって来れないとしたら、
僕はイスを持って行きますよ(笑


まあ、笑い事じゃないんですけどね(苦笑

ドラムのイス

というのも、

イスが安定しないだけで、
集中力がどれだけ減るのか。

演奏以外の部分に大きな労力と精神を
持っていかれるのは間違いないです。

そもそも、

イスのことなんて
ドラムを初めてやる人にとっては
全くノーマーク、

かもしれないですよね。

だってそういうものだから。
イスは楽器じゃないんですから。
置いてあったから座って叩く、それだけ(笑

まさかそのイスが上下に高さを調節できる
なんて、思いもよらない、ですよね??


そうなんです!調節できるんですよ!

これ知ってるだけで
かなり叩きやすくなるし踏みやすくなります。

 

あとは、イスの位置と座る場所。

順番に行きましょう。

まずは、イスの高さから行きます。


とりあえず座ってみましょうか。

標準としては、座った時に
膝の内側が90度より広くなる、
大体100度くらいかな、そういう高さがいいです。

90度だと床と太ももが平行になりますよね?

それよりも、イスの高さを上げて、
膝が足の付け根よりも下になるように、
太ももが前の方へ斜めに傾く状態がいいです。

ちょうどこのくらい。

throne

この傾きが逆になればなるほど、
つまり、膝より付け根が低くなると
足が上げにくくなって

足を上げるのに余計にパワーが必要になります。

ただ、パワーが出る分
重みのある、ドッシリした音が出ますけどね。

初心者にはオススメしないです(笑

何故かと言うと、

反対に付け根を膝よりもっと上げて
前方に傾斜をつけてあげると

足を上げるのがすごく楽になります。

つまり、小さな力でも足が上げられるってことですね。

そして、それは

イスの高さを上げれば可能です。

高さの調節の仕方はイスによって違うんですが、
基本的にはイスの支柱を止めてるネジを緩めて上げ下げします。

いいイス、値段が高いイスですね(笑、
は、座るところ(座面)を
ぐるぐる回して上げ下げするのもあります。

この場合、調節は少しずつしかできないんですが、
大抵ネジもあるので
緩めてあげると一気に上げ下げできますね。

ここで注意!

イスを上げ下げする時、
支柱を持つと手が真っ黒になります。

何故このような現象が起こるのかは、
現代の科学技術では解明されていません。
天才の出現を待ちましょう…

で、

調節しては座り、
調節しては座り
を繰り返して、

この高さがいい!
となったらその高さを覚えておきましょう。

…どうやって?

それは、簡単(笑

イスの横に立つ。

hight

イスの横に立って、
座面の高さが自分の足のどこにくるのか、
で覚えます。

ちょうど画像で
僕が手をイスの上に置いている高さですね。

こうすればどんな靴を履いていても大体の高さが分かります。
シークレットブーツとかハイヒールだと、、、難しいか(笑

とりあえず、ここを起点にして調節すればいいでしょう。

ちなみに、僕はメジャーで測っちゃいます。
そうすればいつも同じですしね。

でも、メジャーがない時もあるので
自分の足のどの辺かは把握してますよ。

で、お次はイスの位置。

これは、ドラムセットの中でどこに置くのか、
ということなんですけど、
そんなの簡単じゃんと思ったあなた、

意外と侮れないんですよ(笑

まあ、

テキトーにバスドラの後ろに置けばいい、
んですけど。

んですけど、実はコツがあって。

今まで僕にドラムを教えて欲しいって来た人達の内、

全員が、ほんとに全員が、

イスの高さと位置を調整しただけで

「凄く叩きやすくなった」
と言ってくれました(笑

それくらい、重要なんです。

というわけで行きましょう。

イス


まずは、
高さを調節したイスに普通に座って、
両足を開いて下さい。

この時ポイントは、

あくまで足が自然に広がるくらいの開き具合にする、
ということ。

開きすぎでもなく、閉じすぎでもない、

例えて言うなら、

電車で居眠りした時に自然と開くくらいの足の広げ具合
…寝てるから気づかないか(笑

要は違和感を感じない範囲で開く、
ということです。

僕だったら
両足で作る角度が45度行かないくらいですかね。

次のポイントは、
足の付け根からつま先までを一直線にすること。

上から見ると、
付け根→膝→つま先が真っ直ぐになります。

つま先だけ内側を向いていたり、
膝が内側に入ってたりするとちょっと良くないです。

これは何故かと言うと、
足を動かした時に、
ペダルに無駄なく力を伝えるため、です。
一直線の方が効率がいいからですね。

そして、最後のポイント、

この両足の開き具合のまま、
右足をバスドラのフットペダルに置きます。

そして、

右足を起点にスネアを両足の間に置きます。

最後に左足ですが、
バスドラとスネアが決まって、

つまり、
右足の置く場所と、
両足の開き具合が決まったら、

さっきやった
自然に足を広げた状態に左足を開いて下さい。

そして、
その左足がある所に、
ハイハットをセットしてください。

ハイハットの場所に合わせるんじゃなくて、
自分の足が無理なく置いてある場所にハイハットを置く、です。

そうすれば自然な感じで演奏できます。

 

以上が基本的なイスの位置の説明、です。


そして、この位置はイスの高さと本人の体型によって変化するので、
万人に当てはまる基準はありません。

あくまで、
本人が本人なりの基準を持つ、
やりやすいところを探る
ということが結局近道なのかなと、
僕は思いますね。

それから最後に、座る位置のこと。


え?今やったでしょ?
と、いえいえ、待って下さい。

今度はイスの座面のどこに座るのか、
という話です。

これは、結論から言うと、
足の付け根が座面のヘリに来るくらい。

つまり、

ちょっと前めに浅く座る
ということです。

何故か。

それは、足が動かしやすいためです。

バスドラは大体
1小節に1回以上踏まなきゃならないし、

初心者の内は何もしなくていいですけど、
この先、左足なんて
右足以上に動かすハメになったりします(笑


そんな時、イスにドッシリと座ってしまうと
足を上げ下げする度に
太ももの裏が座面にぶつかってしまいます。

なので、足がちゃんと動かせるように、
イスには浅く座る、というわけです。

こんな感じで。

throne

侮れんな、イスめ。

というわけで、今回も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。
ではではまた。

<まとめ>

○イスの高さは膝の内側の角度が100度くらいになるところで
○イスの横に立った時の自分の足で大体の高さを覚える
○イスの位置は、まず自然に無理のない形で座る
 右足のペダル位置を起点にスネアを両足で挟む
 そして、自然と左足が置けるところにハイハットを置く
○座った時、付け根から膝とつま先が一直線になるようにする
○イスには浅く座る



では、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。

STEP2

7.ドラムのセッティングの話

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」