Pocket

こんばんは、ながのです。

前回は
1カ月でドラムが叩けるようになる魔法の1つ目

「毎日やる」について

脳の働きを交えながらお話しました。

今回は、その2つ目

「ゆっくりからやる」

についてお話します。

<2.ゆっくりからやる>

Baby_turtle

これはもう文字通り
ゆっくりからやるんです(笑

例えば、

好きな曲、叩きたい曲があったとして、
それを練習するんですが、

普通は曲を曲のまんまやろうとします。

当たり前ですよね。
曲を聴きながらその通りに叩く、
つまりコピーするわけですが、

まあ、できないわけで(笑

なので練習するわけですし。

で、

やりがちなのが

曲のスピード、テンポなんですよね、

これを原曲のまんまやろうとしちゃうんです。

 

初心者なら当然、
上級者でもできない曲だから
練習するわけで、

当然最初はできません。

でも、ここからが上級者と初心者では違います。

初心者は

無理矢理にでもその曲のテンポで
練習を続けようとするのに対して、

上級者は

さくっとテンポ落とします。

同じ動きを
自分が出来るテンポまで落とします。

そして、ゆっくりじっくり動きを練習します。

これも、結局は
脳の回路を作っている
と言っても言い過ぎじゃないでしょう。

「毎日やる」で話したかもしれませんが、

ゆっくり確実に、

そして、

反復してやること

によって少しずつ脳に回路が出来てきます。
動きを命令する回路ですね。
これを作り上げるんです。

まずは認識できるレベルで、
ゆっくり確実にやることによって
動きを認識していきます。

これはまじめな人ほど
しっかりやろうとします。

その結果、

ちょっとつまづいたところで
ずっと堂々巡り練習をしてしまう
こともありますね。

でも、それも悪くない。

続けていくうちに、
ある日
ほんとに不思議な話で、
いつの間にか出来ている
こともあります。

とはいえ、
今回は1ヶ月で人前でちゃんと叩けるレベルになること、
が最低条件なのであんまりのんびりもしていられません。

芽が出る

そうですね、

目安としては、

10回連続してノンミスだったら
テンポを上げる感じです。

テンポの上げ方ですが、
メトロノームなら1ずつ上げます。

ウソです。

いや、本当なんですけど、
流石に1ずつだと
1カ月で叩けるようになるのに間に合わない
可能性があるので(笑

どこまで下げたかにもよりますが
5~10ずつ上げていく
のがいいと思います。

でも、

上げるのは出来るようになってから。
確実に出来るようになることが何より大事です。

それに、結構
テンポアップって楽なんですよ。

動きを覚えて叩けるようになるとね。
むしろ、動きをマスターする方が時間かかります。

<ゆっくりからやるのポイント>

で、ゆっくりからやる時のポイントですが、
これは、焦らない。じっくりやる。

どこかで話した気もしますが、

一音一音確かめながらやる、
くらいでも全然大げさじゃないです。

逆にどんなに複雑怪奇な
リズムパターン、フィルインですらも

一音一音やって行けば
必ず解体できて、
理解することが出来ます。

理解することが出来る、
ということは
口ドラムが出来るということで、

ということは

「叩ける」ということで(笑

必ずゆっくり、
自分が出来る早さで、
じっくり会得する。

これが重要です。

ただ、1ヶ月で叩けるようになるには
それなりの量も必要です。

でもそれは、
前回話した「毎日やる」ことで
カバーできるでしょう。

自分が出来ることを一生懸命やる、
これが最も大事なことなんじゃないでしょうか。

<オススメアプリ>

で、ゆっくりからやるのに
とても役に立つアプリを紹介。

これは、以前家での練習の記事で
紹介してますが「anytune」です。
anytune

ゆっくりから練習するためには
音楽を遅く再生できるアプリが必要なんですが、
その遅くなり具合を細かく設定できるものがベターです。

そんな時、このアプリなら絶対満足!(笑
5%単位でテンポを落とすことが出来るので
細かい設定がカンタン!なんと!今ならこれに…

…流石に深夜のテレビショッピングじゃないんでね、
そんなことはしないんですけど。

とりあえず、僕は無料版を使ってるんですが十分ですよ。
初心者の人が曲をゆっくり再生するだけにしか使わないのであれば。

5%単位でテンポを落とすことが出来るのも魅力的ですね。
ていうか、これが決め手で使い始めた
と言ってもいいくらいですから。

前に使ってたやつは
10%単位でしか変えられなかったので。

あと、前も書いたけど
テンポを落としても音程があまり変わらないのもいいです。

スネアはスネアのまま、
タムもフロアにならずに
タムのままなのは
耳コピをするのにとてもいいです。

と、いうわけで、
早く上手くなりたいなら使って下さい。

タダだし(笑

 

女性ドラマー

さて、魔法の2つ目
「ゆっくりからやる」
いかがだったでしょうか。

上手い人はみんなやっている、
なんてどこぞの広告みたいな
キャッチフレーズですけど、

意外とそうなんですよね。

一見時間がかかりそうに思えるんですが、
結局こっちの方が早いです。

出来ないならテンポを遅くする、

鉄則です。

遅いテンポで確実にできるようになる、
テンポアップはその後。

結局地道なことをやる人が最後は強いんですよね。

さて、今回はここまでにしましょうか。
次回は最後のひとつですね(笑

それでは、最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。
ではではまた。

<まとめ>

出来ないならテンポを落とす
ノンミスで10回できたらテンポアップ
テンポアップは5~10の範囲で(メトロノームの場合)
anytune(アプリ)の場合は5%単位でテンポアップ

 

次でいよいよラストです!
では、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。
STEP3
3.口ドラムの真実

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。