Pocket

女性ドラマー

こんにちは、ながのです。

はい、画像は今回の記事とは全く関係ありません。

 

今回は、譜面です。

 

ドラムなのに譜面?!

という感じですが、音符をそれぞれのタイコに当てはめて書いてあるんですね。

シンバルも主に×印で書かれます。

 

譜面なんてあんなの読めないよ〜!っていう譜面アレルギーとかあると思いますけど、そんなに怖がることはありませんよ。

プロのドラマーでも譜面が読めない人がいたりしますから。
外国の場合だけど…

 

実は、手で叩くものはスコアの上の方に、足で演奏するものは下の方に書かれています。

ので感覚的にも覚えやすいはず。

 

それに、これを読んでいる時点で、譜面が読めないと、今後のブログの話が伝わりづらいので、ぜひ読めるようになってくださいね。


というか、ドラムの譜面って繰り返しが多くて簡単ですし。

 

大丈夫ですよ!

 

僕が分かりやすく説明します!!


じゃあ、行きましょう。

ドラムスコア(仮)
(↑画像をクリックしたら拡大します)

ここに書いてある音符が一般的な譜面(スコア)で使われているものですね。

おっと、早速アレルギー来てますか??

ふふふ、、、イヤでも覚えてしまいますよ。

これから、何度でもこの譜面を見ることになりますから。

 

あ!逃げないで!!

逃げる

 

分かるから!


話せば分かる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…よいしょっと。

捕まえた

 

 

さて、気を取り直して、、、

ドラムスコア(仮)
(↑拡大します)

基本的にはおたまじゃくしがタイコで、×印がシンバルです。

左から行きましょう。いきなりヘ音記号です。

ドラムは何故かヘ音記号で書かれます。
低音だから、ってわけでもないですけどね。

そして、Cの記号。これは4分の4拍子のことです。

ふ〜ん、、、くらいでいいです(笑
流します!

バスドラ

で、その次が、ドラムの楽器、バスドラムです。

一番下の段に書かれています。

あと、音符の棒が下に伸びていることが目印です。

ちなみに、複雑なスコアだと棒が下に伸びていないことがあります。

でも、必ず一番下の段に書かれているのがバスドラムです。

ドラムスコア(仮)
スネア

次はスネアドラムです。

ヘ音記号のミの音、というよりも上から二つ目の段にある音符と覚えましょう。

 

さらにその次、スネアの音符に斜線が入っているもの。

これは、スネアドラムのリムショットです。

リムショットというのは、左手のスティックをひっくり返して持ちます。

先っちょの丸い玉がある方が手前になりますね。

で、スティックを手で押し付けるようにそのままスネアの上に置きます。

多分スティックの先がスネアからはみ出してしまいますよね

が、気にせずそのままスネアのへり(リム)にスティックをそのまま打ちつける。

と、「カッ!」という音がしまして、それのことです。

この「カッ!」がリムショットです。

 

とりあえず、これからやる課題曲には出てこないので忘れて大丈夫です。

せっかく説明したのにね(苦笑

でも、結構聞かれるんですよ。リムショット。

だから説明しましたよ、っと。

ドラムスコア(仮)
タムタム

次は、タムです。

タムの書く場所を説明するには一旦寄り道をします。

実は、スネアとフロアタム、バスドラは音符を書く位置が決まっています。

なので、その定位置以外のところの音符全てタムです。

 

そして、スネアより上にセッティングされているタム、画像だとtom-tomsと書いている2つのタムですね。

これは楽譜上でもスネアより上に書かれます。

見たまんまとスコアは一緒なんです。

 

画像ではタムは2つしかありませんが、めっちゃ多くタムをセットする場合も、原則スネアよりも上に書かれることが多いです。

5線譜に書ききれない場合は、5線の上に線を追加して書かれていますね。

ちなみにタムは、通常楽譜の上の方から音程の高い順に並んでいます。

画像でもハイタムの方がロータムよりひとつ上に書かれてますよね?

ドラムスコア(仮)

フロアタム

そして、次がフロアタム。

スネアよりも下の段に書かれます

譜面をパッと見た時にスネアと間違えやすいのがこれです。

譜面見てスネアかと思って叩いてて、やけにうるさい曲だなあと思って、よく譜面を見たらフロアだった、という、、、。

 

フロアタムは2台セッティングする人もいますね。

その場合は画像のフロアの位置(上から3段目)よりも下に追加されます。

さっきのタムと一緒で、ドラムセットを見たまんまスコアにしてるんです。

 

つまり、スネアを基準にします。

通常スネアより上にセットされているタムは、スコアでもスネアよりも上に書かれます。

スネアよりも下にあるフロアタムは、スコアでもスネアより下に書かれるんです。

ね?見たまんまでしょ?

まあ、フロアタムとスネアは厳密には同じ高さですがね。

 

というわけで、タイコ(オタマジャクシ)については、覚えるコツは3つ。

バスドラムはスコアの一番下の段。

スネアは上から2つ目の段。

スネアより上タム、下フロアタム。

です!

 

ドラムスコア(仮)

ハイハット

で、お次。

五線譜の一番上の段に書いてある×印。

これが、ハイハットです。

ハイハットの音符の上に何も書いてない時は普通に閉じて叩く時。

わざわざ「何も書いてない時」と書くのは理由があって。

その横のは×印の棒の上に小さい○がありますよね。

これがハイハットオープンの記号。

 

ハイハットオープンっていうのは、踏んでいた足のつま先を上げるとハイハットが開きますね。

開いた状態でハイハットを叩く。

これがハイハットオープン。

 

で、その横のハイハットの音符の上には+の記号。

これは、開いていたハイハットをここで閉じなさい、というハイハットクローズの記号です。


この+記号が出てきた後のハイハットは、閉じたまま演奏します。

なぜなら、無印のハイハット音符だから。

 

いいですか?まとめますよ。

 

無印=閉じて演奏(ハイハットクローズ

○印=開いて演奏(ハイハットオープン

+印=開いていたのを閉じて演奏(ハイハットクローズ

 

ちなみに、上に書いたのはハイハットを「開ける」「閉じる」という動作に着目した時の呼び方です。

全てを名詞的に表現する時は「オープンハイハット」「クローズドハイハット」と言います。

 

ドラムスコア(仮)

ライドシンバル

その次は、五線譜の上にもうひとつ線を引いてその上に×印。

これがライドシンバル。

これもパッと見では見落としがちなんですけど、大抵の曲ではサビを盛り上げるために、それまでハイハットを叩いていたのをライドに切り替えるんですよね。

そうすると、音に広がりが出て何だか知らないけど盛り上がるんです。

なので、そこに注意して見ればスコアが変わっていることに気付くと思います。

 

 

 

クラッシュシンバル

そして、ライドの音符の上に>印(アクセント記号)がつくと、これはクラッシュシンバルです。

左右のクラッシュともに区別せず同じ書き方です。

なので、クラッシュの直前に叩いていた場所から近いところのクラッシュを叩けばいいでしょう。

ハイハットやタムを叩いていたら左側のクラッシュを、ライドやフロアタムを叩いていたら右側のクラッシュを叩く感じです。

 

 

ドラムスコア(仮)

というわけで、代表的なものはこんなところですかね。

ただし、困ったことにドラム譜っていうのは絶対にこの通りでなくてはならない、とは決まっていないんです。

なもんだからここで説明したのと結構書き方が違うのもあります。

なので、最終的には音源を自分の耳で確認して、この音符はこの音を表しているな、と突き止めていくしかないです。

 

やれやれ(苦笑

 

しかも、売られているバンドスコアの多分100%が、ドラム譜テキトーです。

 

肝心なところが省略されていたり、こんな難しいこと本当にやってるの?ってのが書いてあったり。

これは恐らくドラマーじゃない人が採譜(音源聴いて譜面に起こすこと)してるんじゃないかと。

 

なので、市販のスコアは参考程度に、自分の耳でしっかり聴き取るように心がけましょう。

とはいえ、初心者なんでまずスコア通り叩ければ、もっと言うなら少しくらいスコアを省略したって大丈夫です。

気にすることはありませんよ。

 

木漏れ日

と、いうわけでドラム譜でした。

どうでした?

意外と簡単だったんじゃないですか??

結構説明を細かくしたので長くなってしまいましたが、、、。

 

これで準備は万端なので、次回は実際にリズムパターンや課題曲を叩いていきます。

それでは、今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではではまた。

<まとめ>

タイコはおたまじゃくし

○シンバルは×印

○低音は楽譜の下の方、高音は楽譜の上の方に書かれている

バスドラム一番下の段

スネアは上から2つ目の段

スネアより上タム

フロアタム

5線の一番上の×ハイハット

5線のもう一本線の上の×はライド

ライドにアクセントクラッシュ

ドラムスコア(仮)

ドラムセット

では、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。

いよいよSTEP2です!

STEP2
1.ドチタチドドタチは魔法の言葉

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

 

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。