Pocket

スタート

こんにちは、ながのです。

では、今回から早速実践的な練習に入ります。

まずは、動きの練習。
とりあえず、スティックは使わなくても大丈夫です。

 

 

「ドチタチドドタチ」

 

 

今回はこれです(笑

 

ドチタチドドタチ、この先1ヶ月何度となく頭で、口で、繰り返すことになる言葉です。

 

覚悟して下さいね。

 

というわけで、今回はこれです!

1.口(くち)ドラム
2.口ドラムと身体の動き

 

じゃあ、早速行きましょう!

 

<1.口(くち)ドラム>

ボイパ

口ドラムです。

ロドラムじゃありません。

カタカナで書いたら一緒ですね、これじゃ。

 

口ドラムとは、その名の通り、

口でドラムのリズムを歌っちゃう!

というものです。

 

バスドラムドン!

スネアパン!または、タン!

ハイハットチッ!

 

そんな感じで自分なりにドラムの音を口で表現しちゃいます。

そして、さっきから何度か出てきた、

 

ドチタチドドタチ。

 

これ、実はリズムパターンなんです。

リズムパターンっていうのは曲の中で繰り返し出てくるドラムの演奏のことですね。


ドンタドドンタンとか。
ドチタドーンドタチとか。
タンタンタドタドとか。

ナンノコッチャですけど、こういうのがあるんです。

 

で、なぜドラムを口で歌うのかというと、

結論から言えば、

 

 

口でドラムパターンを言えたらそのパターンは叩けるんです。

 

 

まじで?!

 

 

逆に口で言えないパターンは叩けない。

 

これ、嘘くさいんですけど本当なんですよ。

 

アメリカはカリフォルニアにバークリー音楽大学という超一流の音大があります。

現代ギターの神「ジョン・メイヤー」が在籍していたことでも有名ですね。

そこでは、口ドラムだけで授業があるそうです。

それぐらい重要なものなんです。

 

「憲法」とか「マクロ経済」とか、
「解剖学」とか「電磁気学」とか、
「設計」とか「哲学」とか、
そういうのと同じレベルで、

「口ドラム」があるんです。

大学

 

 

では、実際にやってみましょうか。
まず、下の画像を見てください。

ドチタチドドタチ

これが、ドチタチドドタチです。

意味わかんないですよね。

今から読み方と身体の動きを説明します。

 

まず、五線譜の上にある×印これがハイハットです。

ハイハット

ハイハットは、右手で叩く合わせシンバルです。

これは小節内でずっと8分音符を刻んでいます。
つまり、ずっと右手は動かすってことですね。

ド

で、最初の×印の真下に音符があります。

これが、バスドラです。

バスドラは五線譜の一番下に書いてある音符。

右足で演奏するタイコですね。

バスドラム

そこで、これを「ド」とします。

「ド」ハイハットバスドラ。

つまり、右手と右足です。

 

「ド」と言えば右手と右足を動かすんだな、と思って下さい。

 

「ド」は右手と右足。

 

チ

次は「チ」です。
左から2番目のところです。

「チ」はハイハットですね。

書いてあるのが×印だけなので、足は使わず右手だけ使います。

 

×印は右手。

覚えて下さいね。

 

「チ」は右手。

 

タ

お次は「タ」です。
左から3番目のところです。

×印のハイハットの真下にある音符はスネアです。

スネアは左手で叩きます。

ハイハットとスネア、右手と左手、つまり両手を動かします。

スティックを振る説明の時に、両手で同時に叩く練習を最後にやったと思いますが、あの要領ですね。

 

「タ」は両手、です。

 

 

 

というわけで、これでおしまいです。

簡単でしょう??

ここで、改めてスコア(楽譜)に戻ると、そこに何が書いてあるか、今度は分かりますよね??

 

ドチタチドドタチ

ドチタチドドタチ、です!

 

ドチタチドドタチ、これをすらすらと言えるようになって下さい。

まあ、言うだけなら簡単なんですけどね。

次は、これに動きを加えていきます。

 

ちょっとドラマーっぽくなってきますよ~。

 

 

<2.口ドラムと身体の動き>

ドラマー

ドチタチドドタチ、口で言えるようになりました。

じゃあ、次です。

動きを加えてみましょう。

ドチタチドドタチはつまり、どういう動きになっているかというと、

右手右足、右手、両手、右手。
右手右足、右手右足、両手、右手。

 

です!

 

…分からん!(笑

 

でも、行きましょう。

ドチタチドドタチ

次が最も大事な「キモ」なんですが、このドチタチドドタチ、

 

口で言いながら身体を動かすんです。

 

つまり、

「ド」って言いながら右手右足を動かす。
「チ」って言いながら右手を動かす。
「タ」って言いながら両手を動かす。
「チ」って言いながら右手を動かす。

「ド」って言いながら右手右足を動かす。
「ド」って言いながら右手右足を動かす。
「タ」って言いながら両手を動かす。
「チ」って言いながら右手を動かす。

 

言ってます?やってます?

 

これ、どこでもできるので、どこでもやってくださいね。

 

座ってる時、周りに人がいなければエアドラムを叩いているつもりでドチタチドドタチ。

もし周りに人がいたら、かすかに手足を動かしてドチタチドドタチ。

腕の交差とかしなくていいですから。

指を動かすとか、カカトをちょっと上げるとか、周りに内緒にしながらドチタチドドタチやってみてください。

 

きっと、会議や授業があっという間に終わります(笑

会議

 

実はこの練習の目的は、

「脳に音と動きを関連づけさせる」ことです。

 

「ド」と来たら右手右足が動くんだな、
脳に覚え込ませることが目的です。

 

「ド」と来たら右手右足が動く、
脳に覚え込ませることが目的です。

 

大事なことなので繰り返しました。

 

だから、無理してエアドラムを叩かなくても、「ド」で右手右足を動かすイメージを脳に刷り込ませればいいんです。

実際には指を動かすだけだったり、カカトをちょっと上げるだけでも大丈夫です。

 

これだと立ってる時でも練習が出来てしまいます。

 

そして、ドチタチドドタチでイメージがしっかり脳に刷り込まれたら、あら不思議。

 

ドラムセットに座った時にもちゃんと両手足がその通り動きます。

 

いやいや、本当なんですって!

 

これは本当に重要。

重要なのに結構みんなやらないです(苦笑

 

ぶっちゃけ、恥ずかしいんですよね。

口でしゃべるってことが。

ボイパ(ボイスパーカッション)だと思えば、もっとかっこ良く歌ってみれば、いいのかもしれないんですけどねえ。

 

ただ、この文章を読んでるあなたには、絶対におろそかにしないで欲しい。

あ、もちろんボイパみたいにかっこ良くしゃべっても、もちろんOKですよ!

ドチタチドドタチと身体の動き、必ずリンクさせて下さい。

 

はっきり言って、その方がとにかく早いから。

騙されたと思ってやってみて!

絶対効果ありますよ!

 

 

記憶

あと、声に出さずに頭の中で言えば良いじゃん、という意見もあります。

でも、「脳は声に出した方が記憶の定着率が高い」という科学的データがあるそうです。

勉強は音読しろ、と最近ではよく言われています。

音読すると脳が活性化して、記憶力が上がるそうです。

 

「記憶」

これは何も知識だけではありません。

 

「動き」も記憶されます。

 

例えば、動きが記憶できるから、人は自転車に乗れるようになる。
ボールを投げることができる、ゲームのボタン操作が素早くできるんです。

 

なので、出来る限り声に出して、動きながら、ドチタチドドタチやってみて下さい。

 

でも、あくまで、周りに人がいない時にね!

変な人だと思われちゃうので(笑

 

というわけで、今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではではまた。

 

<まとめ>

ドチタチドドタチ

○口ドラムはできるだけ声に出して、動きながらやる

○ドチタチドドタチで身体のどこを動かすのかマスターする

 

では、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。

STEP2
2.エアドラムとアプリとゆっくり練習と

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。