Pocket

ドラム

こんにちは、ながのです。

いよいよ、
曲練(曲練習)へと進みます。

ようやく、という感じですが、
ほんと、ようやくですね(笑

では、課題曲の発表です。

奥田民生「野ばら」
(アルバム「FAILBOX」収録)

まあ、知らないですよね(笑

民生ファンなら知ってるんでしょうけど、
知る人ぞ知る隠れた名曲です。
スルメイカみたいに
聴けば聴く程染みてくる感じです(笑

で、この曲なんですが、
基本パターンが「ドチタチドドタチ」(笑

しかも3分以内で終わる。

まさに初心者にはうってつけの名曲なんです(笑

しかも、スティックすら持ったことのない人にとって
こんな好都合な曲はない。
シンプルで素晴らしい曲です。

と、いうことで、今回のメニューは、
1.リズムパターンとフィルイン
2.曲に合わせて練習
3.メトロノームを使って練習

と、いうわけで、早速行きましょうか。

<1.リズムパターンとフィルイン>

ドラマー

早速リズムパターンに行きたいところですが、
ちょっとその前に、
曲の構成を少し解説しておきましょう。

僕たちがテレビやラジオ、
街中で耳にする一般的な日本の曲は、
似たような構成になっています。

イントロ~Aメロ~Bメロ~サビ~間奏
(ここまでが1番)
Aメロ~Bメロ~サビ
(ここまでが2番)
間奏(ギターなど楽器のソロが入ることが多い)
~Cメロ~サビ~アウトロ

AとBとCとサビはメロディが違います。
つまり、メロディで曲を区別している訳ですね。

それで「野ばら」の場合は、

イントロ~Aメロ~Bメロ
~Aメロ~Bメロ~サビ
~ギターソロ~Bメロ
~サビ~サビ~アウトロ

という構成になっています。

2番が短くてサビを2回やっておしまい。

この先、サビの前にあるフィルイン、
というような説明をしますので
この構成をよく覚えておいて下さい。

 

ドラマー

 

忘れたでしょ(笑

 

では、改めて(笑
曲のリズムパターンですね。

リズムパターンとは、
その曲を通して
何度も繰り返されるパターン
のことです。

「野ばら」の場合はこれです。
ドチタチドドタチ
ドチタチドドタチですよね(笑

しかも、一般的な曲は
サビになるとパターンが変わったりするんですが、
さすが「野ばら」は違います。

全編同じです(笑

たまにちょっと変化しますけど。
これは後で説明します。

そしてこの曲、
割と淡々と進んでいき、
所々にフィルインが入っています。

フィルインって何でしょう?

フィルインとは、おかずとも言われてて、
それは基本リズムパターンをご飯だとすると
フィルインは「おかず」という位置づけになるから、です。

だから、おかずです(笑

あとは、
フィルって省略されることもありますね。

しかも、しかも!

 

フィルは口ドラム出来ます。

というか、ちょっと無理でも
やってみましょう(笑

自分ルールでいいので
口と動きを連動させるのが超重要です。

なので、
このブログでもフィルインは口ドラム化しますね。

「野ばら」はフィルが非常に少ないです。

 

というわけで、全部解説します。

 

ドラマー

まずは、最初のBメロの終わり。

イントロ~Aメロ~Bメロ
Aメロ~Bメロ~サビ~ギターソロ~
Bメロ~サビ~サビ~アウトロ

ドチタチドドタト

ドチタチドドタチの
最後の「チ」が「ト」(タム)になってます。

なので、ドチタチドドタです。

最後の右手、
ハイハットを叩くところをタムを叩きます。

次は2回目のBメロ終わり、サビ直前ですね。

イントロ~Aメロ~Bメロ~
Aメロ~Bメロ~サビ~ギターソロ~
Bメロ~サビ~サビ~アウトロ

最後の「タチ」が「トトトン」になってます。
ドドトトトン

ドチタチドドトトトンですね(笑

ここは、16分音符が入っているので
少し早く叩かないと間に合いません。

トトトンは右左右、
ですね。

上の画像内の
Rは右手、Lは左手です。

口ドラムをしっかり歌って
腕の動きを覚えていれば
問題ないでしょう…か?!

ドラム

そして、次は、
サビが終わってギターソロ前ですね。

イントロ~Aメロ~Bメロ~
Aメロ~Bメロ~サビ~ギターソロ~
Bメロ~サビ~サビ~アウトロ

ドトンドトトン

小節の後半が変わっています。

ドチタチドトンドトトン、デス(笑

サビになってハイハットからライドへ
右手の叩く楽器が変わっているのに注意です。

両腕の使い方はさっきのフィルインと一緒ですね。
ただし、右手の叩く場所が違います。
3拍目ウラがハイハットからタムへ、
4拍目オモテがタムからライドへ
それぞれ変化しています。

それにより口ドラムが変わると(笑

ちなみに、
オモテとウラというのは、
画像にも書きましたが
1小節内に8分音符を8つ書いた時、
4分音符の位置がオモテ、
それ以外がウラ、です。

もっとざっくり言うと、

8つの音符の奇数番目がオモテ、
偶数番目がウラです。

ドラムー

そして、次は、ギターソロの終わり。

イントロ~Aメロ~Bメロ~
Aメロ~Bメロ~サビ~ギターソロ
Bメロ~サビ~サビ~アウトロ

ドドジャー

聞き取りづらいですが、
4拍目のスネアと同時にハイハットオープンが演奏されています。

なので、ドチタチドドジャー(笑

ジャーの演奏方法は、
タと同じく右手でハイハット、
左手でスネアを同時に叩きます。

ただし、ハイハットは開く必要があるので
左足のつま先を上げます。

カカトはフットボードにつけたままで、
つま先だけをボードから上げます。

そして、上下のシンバルが上手く
こすれあってジーッ!という音が出れば成功!

ジッ!って短く鳴る時は開き方が足りなかった時、
コワーン!って鳴った時は開き過ぎて
上下のシンバルがこすれ合わなかった時です。

うまくジーッ!って音が出るように
つま先の上げ具合と
ハイハットを開くタイミングを
研究してみて下さい。

結構、、、おもろいです。
音が全然変わるんで。

開いたハイハットは
次の小節アタマで閉じます。

それまでは頑張って開けておいて下さいね(笑

ドラム

で、次はギターソロ後のBメロ終わり、
つまり、サビ直前。

イントロ~Aメロ~Bメロ~
Aメロ~Bメロ~サビ~ギターソロ~
Bメロ~サビ~サビ~アウトロ

ドトンチタタ

これは、前にギターソロ前でやったフィルの、
叩く場所変更タイプですね。

ドチタチドトンチタタ。

タムからスネアに叩くところを変更したので、
よりフィルが目立つようになってますね。
最後のサビだから気合いを入れた、
ってとこでしょうか。

ちなみに細かいところですが、
4拍目バスドラが抜けてます。

まあ、入っていても問題ないので
完コピを目指す方は外してみて下さい。

外さなくても大丈夫ですよ~。

美人ドラマー

そして次は、最後のサビの、サビとサビのつなぎ目。
しかも、同じフィルが最後のサビの最後にも出てきます。
アウトロ直前ってことですね。

イントロ~Aメロ~Bメロ~
Aメロ~Bメロ~サビ~ギターソロ~
Bメロ~サビ~サビ~アウトロ
ドタタタ

ドチタチドタタタ、です。

ここもサビなので
右手がハイハットからライドへ変化していますね。

右手でライド、左手でスネアを同時に叩きます。
案外ハシってしまいがちになるので気をつけて下さい。

ちなみに「ハシる」とは、
正しいテンポよりも早いテンポで演奏してしまうこと。

平たくいえば、
曲よりも早く演奏してしまう、
っていうことです。

バンドだったら
早く演奏しちゃって
みんなとずれちゃう、
ってことですな。

ハシってしまう原因は、大体が
周りが聞こえていない時ですね。

「難しいフィルインだから」
「間違えないように演奏しなきゃ」
と考えながら、曲中のその部分にくると、
それまで流れていた曲の流れを無視して

「おりゃー!」と演奏してしまい、

「ハッ!」と気付くと
バンドメンバーから白い目で見られているという…

ま、ありがちですな(笑

その逆に「モタる」というのがあります。

これは、ハシるのとは逆に
正しいテンポよりも遅く演奏してしまう、
という状態です。

これも同じく
周りが聞こえていない時に起こりがち
ですが、

「あ~このフィル自信無いから確実にやらないと」
と考えている時や、
バラードでボーカルと一緒に
情感たっぷりに歌いながら演奏すると

大体モタります(笑

えっと、何でしたっけ。

そうそう、
ライドとスネアを一緒に叩くから
ハシらないように気をつけましょう、

という話でした(笑

ドラマー

以上、フィルインの説明でした。

やっぱりフィルというのは
リズムパターンと違うので、

ハシったりモタったりしがちです。

これを防ぐにはやっぱり
口ドラム(笑

具体的な練習としては、

メトロノームに合わせて
4拍を手拍子しながら、
2小節分の口ドラムを歌う。

例えば、

ドチタチドドタチ、
ドチタチドトンチタタ、
を繰り返す。

手拍子をしながらね。

コツとしては、

奇数番目に手拍子する訳だから
その時、手拍子と音符がずれないように合わせる感じ。

チ、
トンタタ

太字の部分で手拍子します。

こうすることによって、
4拍を常に感じながら演奏する
ことを身につけられるので、
ハシったりモタったりしにくくなります。

さて、リズムパターンの話もするつもりが
ちょっと長くなってしまったので、

今回はここでいったんおしまいにして、
次回に回すことにしますね。

というわけで、今回も最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。
ではではまた。

<まとめ>

○フィルインも口ドラム
手拍子しながら口ドラムを練習する

 

では、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。

STEP2
4.「野ばら」のリズムパターンを叩く

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。