Pocket

足

こんにちは、ながのです。

スティックの振り方を覚えたら、今度は足の動かし方を覚えましょう。

ドラムは四肢、つまり両手両足を使って楽器を演奏します。

だからドラムは難しいんじゃないか、と一般的には思われています。

 

でも、そんなことはないっす。

 

一見バラバラに動いているように見えても、そのほとんどはコンビネーションです。

ひとつひとつのコンビネーションを身体で覚えて、その組み合わせで演奏をしているんです。

上達していけば、バラバラに動かす練習もします。

が、完全にバラバラに動いてる訳じゃありません、実は。

 

さて、話を戻して、今回は足の動きを説明します。

1.バスドラムの演奏方法
2.ハイハットについて

じゃあ、行きましょう。


1.バスドラムの演奏方法

バスドラ

バスドラムは色々呼び名があって、バスドラ、ベースドラム、ベードラ、キック、なんて言われます。

とりあえず、このブログではバスドラにしましょうか。

バスドラは右足でフットペダルを踏んで演奏します。

フットペダルっていうのは、バスドラを叩くために使う楽器です。

足で踏むと大太鼓を叩く時に使うような、先っちょにフェルトが付いた棒が動いてバスドラを叩きます。

で、ペダルを踏む時に、カカトを上げるかそれとも、上げないかという二通りの方法があります。

カカトを上げると、足を下ろした時に強く踏むことが出来るので大きな音が出ます。

最初の内は、日常的に使わない動きなので慣れるまで多少時間がかかります。

しかし、筋肉への負担が小さいのである程度大きい音量で長時間演奏するのに向いています。

 

一方、カカトをつけたまま、つまり、足先を上下してペダルを踏む演奏法があります。

これは、小さい音が出せるんですが、筋肉への負担がかなり大きいです。

相当強い筋肉が無い限り、長時間演奏すると、

足がつります。

しかも、大きな音が出しづらいのでよけいな力が入り、

つります。

 

最初に紹介したカカトを上げる奏法、つまり、ヒールアップ奏法は、身近な動きではありません。

だから、ヒールダウン、つまり、カカトを下げたまま演奏をする初心者さんは本当に多いです。

でも、ほどなく壁にぶつかります。

速く動かせないとか大きな音が出ないとかありますけど、単純に何曲も連続で演奏できないんです。

つるので。

 

なので、僕は断然ヒールアップ奏法をおすすめします。

 

フットペダル

じゃあ、具体的な動かし方を説明しますね。

 

まず、フットペダルに足を乗せます。

 

足を乗せるところをフットボードと言うんですが、それはどこかというと…。

分かりますよね?

ペダルのここに足を乗せたいな~と思うところ、そこに乗せてください。

乗せ方は人それぞれなんですが、とりあえず、足の形に添うように、足裏全体を素直にフットボードに乗せて下さい。

この時、つま先が前に行き過ぎてチェーンやベルトにぶつからないように。

それから、カカトが全部ボードに乗り切らなくても大丈夫です。

前ははみ出すとマズイですが、後ろははみ出しても全く問題ありません。

 

そして、ヒールアップ奏法の説明に移ります。

下の画像が何もしていない、足を乗せただけの状態ですね。

heelup01

画像ではビーター(バスドラを叩く白いのが付いてる部分)がバスドラにくっついてますが、離れていても大丈夫です。


heelup02

そして、つま先をフットボード上に残しつつ、カカトを上げます。

この時足全体を上げるようにしてください。太ももを持ち上げるようなイメージで。

すると、画像のようにビーターが自然とバスドラから離れます。

 

もし、離れないなら、足に力が入りすぎているかもしれません。

 

その場合は、こんな風にイメージして下さい。

つま先がフットペダルにくっついて離れない状態で、足全体(太もも)を持ち上げてみてください。

つま先は離れないけど、カカトはくっついてないので離れますよね。

ハイヒールを履いてるみたいな足の形、とでも言いましょうか。

 

それでもうまく行かない時は、つま先をペダルからはがそうとして、あと少しではがせるけどはがせない、みたいなイメージで足を上げてください。

どうでしょうか。

バスドラからビーターが勝手に離れていきませんか?

 

それでもできない場合は、ペダルの故障が疑わしいですね。
ペダルのスプリングが外れているか弱すぎるのかもしれません。

リハスタの店員さんを呼びましょう。

heelup03
↑足を下げてバスドラをヒットした瞬間

で、さっき足全体を上げました。

そしたら今度は足を下げるんですけど、下げる時は足の力を抜いて、ストンと足全体を下ろします。

足を落とす、というイメージに近いですね。

これがうまく行かない場合は、下の画像を見てください。

この赤で囲った部分に力を入れます。

さっき足を上げる時、つま先をはがしたいのにはがせない、みたいなイメージでしたよね?

なので、つま先から力が抜けるか抜けないか、くらいだったと思うんですよ。

で、そこから赤で囲った部分に力を入れつつ足を下ろす。

イメージ的には赤で囲った部分でフットボードを踏む感覚です。

踏んだ時かかとは上がったままでも下げてしまっても、どちらでも構いません。

下げた方が休めるので楽だと思いますけどね。

 

一言でまとめると、つま先をボード上に残しながらカカトから足全体を上げて、脱力して落とす。

 

この動きは恐らくほとんどの人が人生で初めてする動きだと思うので、最初はきっと慣れないと思います。

僕も何だこれ?と思いながらやってました。

でも、とにかく反復してやっていくと、筋肉が目覚めてくるし、その内出来るようになります。

会議とか授業の時。
電車で座った時。
デスクワークの時。
など、ぜひ上げ下げしてみて下さい。

 

慣れ、です。

 

あと、初心者の人でよく見られるのが、ペダルを「押す」人。

バスドラムが前にあるからつい「押し」たくなるんでしょうね。

押さなくても大丈夫です。

足を落とす。

 

押すよりも「踏む」感覚です。

 

踏んでいきましょう。

2.ハイハットについて

ハイハット

ということで、↑これがハイハットです。

今度はハイハットについて説明しますね。

 

さっきからハイハットハイハット言ってますが、細かく言うと、シンバルがお互い逆向きに2枚重なってます。

このシンバルのことを「ハイハット」と言います。

だから、英語ではHatsと複数形にしたりします。
もしかしたら、高いところにあるhatsってことで、Hi-Hatsなのかな…。

で、このハイハットを載せている装置がハイハットスタンドです。

 

説明が細かい!

でも、とりあえず、ここでは全部ひっくるめて「ハイハット」と呼びましょう。

 

それで、このハイハット、左足で演奏します。

右足と違って、基本的には足をボードに乗せたら乗せっぱなしです。

 

で、乗せたら、踏んで、ハイハットを閉じてください。

ハイハットスタンドというのは、2枚の合わせシンバルが、ボードを踏む(押す)ことによって合わさる(閉じる)仕掛けになってます。

ハイハットは基本的には閉じて演奏するんです。

閉じた状態で、スティックで叩くと「チッ」とか「ジッ」っていう音がしますね。

そして、閉じた状態から爪先を徐々に上げていくと段々ハイハットが開いてきます。

開き具合で音が変わるので色々試してみると面白いですよ。

 

プロは開き具合を微妙にコントロールして、本当に色んな音色を出しています。

ちなみにこの奏法をハイハットオープンといって、主にリズムにアクセントを付ける時に使いますね。

でも、とりあえず、初心者であれば、ハイハットは普通閉じた状態で演奏する、ということで大丈夫です。

 

 

というわけで、次回はドラムセットの名前を覚えましょう。

今回出てきたバスドラやハイハットは序の口です。

みんなが手拍子するタイミングで叩いてるあのタイコの名前は?

その答えも全て分かります。

 

それでは、今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではではまた。

<まとめ>

右足の動きは大変。でも、慣れればすぐできるので普段から座ってる時に、とにかくカカトを上げ下げしてみる。

○左足は…とりあえず踏んどく

 

それでは、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。

STEP1
7.ドラムの名前を全部覚える

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。