Pocket

  ドラマー

こんばんは、ながのです。

調子はどうですか?
しっかり練習できていますか?

前回までで、
とりあえず基本的な練習方法は
あらかた説明し終えた訳ですが、

あとはこれを

地道に

こつこつと

やっていけば必ずヶ月後、

野ばらが叩けるようになっている、、、

となれば、世の中に
ドラム教室やドラム講師なんて職業が
成立する訳もなく(笑

やっぱりそこには
コツやノウハウ
なんていうのがある訳です。

「じゃあ、それ教えてよ」
なんていう
クレクレ君には何も教えるつもりはない!

なんて厳しいことは言わないし、
伝えるべきことは
しっかり本気で伝えるので、

あなたもぜひ、
しっかり本気で
ついてきて下さいね(笑

ということで、

これから、
3つの魔法についてお話しします(笑

つまり、

1ヶ月でドラムが人前で叩ける
レベルになるために必要な、

3つの魔法ということです。

どうですか?

やっと核心に触れてきたでしょう?(笑

もったいぶっても仕方ないので
早速バラしますね(笑

1.毎日やる
2.ゆっくりからやる
3.口ドラム

…なあんだ。
って思ったあなた!

正解です(笑

そうなんですよ。

実際「なあんだ」なんです。

ただし、これが一番、
も一度言います、

いっっっちばん近道なんです。

その効果たるや、
まるで魔法のよう(笑

これらを1ヶ月しっかりやれば、
全くドラムを叩いたことのないあなたが、
人前で叩けるようになります。

間違いない。

だって、
何人もこの目で見てきたもん。

じゃあ、ひとつずつ説明しますね。

<1.毎日やる>

ハミガキ

これはもう、読んで字の如く。

毎日やりなさいと。

よく音楽業界では、

1日練習をサボると
取り返すのに3日かかる

と言われます。
だから、毎日やりなさいと。

でも、僕はこれ、

脳や筋肉の働きが関係してる
んじゃないかと思っていて。

例えば、

スポーツが上達するのって、
繰り返しその動作をすることによって
身体に覚えさせるんですよね。

身体の動きっていうのは、
基本的には脳が司っています。

脳が、筋肉を動かせ!って
命令を出すから
筋肉が動いてその動作を可能にする。

そして、
何度も何度も
繰り返し命令を出していると、

その内、
意識して脳が命令を出さなくても
その動きができるようになります。

これが、
身についた、
っていうことです。

例えば、自転車。

初めて補助輪を外した時は
練習が必要ですよね?

でも、今はどうでしょう。

特に意識しなくても
乗れますよね?

これは、

脳が自転車に乗るという動作に
必要な命令回路を構築した、

つまり、

身についた
ということなんです。

そして、

この回路は
使えば使うほど
どんどん進化します。
また、強化もされます。

手無し運転が出来たり、
久々に自転車に乗っても難なく乗れたり。

つまり、スポーツでも演奏でも、

脳がその動作をするのに必要な
命令回路を構築すること

上達の近道ってことなんです。

そこで、最初に戻ります。

毎日やる。

音楽聴きながら


これは、
脳に新しい命令回路を構築させます。

そして、毎日毎日やるので
段々と強化されます。
しかも、この
毎日やることがミソ。

土日にまとめて7時間練習したとしても、
平日に全く練習せずに
翌週の土日を迎えると、

ほとんど脳は忘れています。

なので、
ほぼ白紙の状態からまた7時間やると。

そして、平日はやらない。

そうすると、
せっかく作られつつある回路を
1週間かけてきれいさっぱり無くして、

また土日を迎えると、

そういうことになります。

だから、
土日にまとめて7時間じゃなく、

毎日1時間が正解です。

言ってみれば、
土日も1時間でいいです、
平日しっかり1時間出来ているなら。

無理なら30分でもいい。

必ず何かしら練習する、
特に身体を動かすことが重要です。

一番いいのはスティック持って
リハスタ行って生ドラム、ですが
忙しい平日に、
仕事で疲れた身体に鞭打って行けないですよね。

だったら、

通勤の電車の中、
車の中で口ドラム。
かすかに指や足を動かしながらイメトレ。

仕事中は何となく
バスドラの動きをデスクに隠れてこそこそやる。

帰り道はやっぱりイメトレ。

帰宅したらテレビを見ながら
スティックで練習パッドを打つ。

シャワーを浴びながら、
お風呂に入りながら、口ドラム。

ベッドの中で寝る前にイメトレ。

時間はいくらでも作り出せます。
スティックがなくても練習は出来ます。

そして、
脳は一度身につけたものは
なかなか忘れないものです。

ぜひ、脳に覚えこませるために、

毎日やってください。

そうすれば、

1ヶ月後
必ず叩けるようになっています。

あ、それから、

もし出来なかった日があっても
自分を責めたりしないで下さい。

仕事が忙しくて
うっかり忘れてしまった、とか。

飲み会があって
帰宅したら日付回ってた
のでとりあえず寝た、とか。

仕方のない日はあります。

大事なのは、
次の日、必ずやって下さい。

少しだけでもいいです。

一日やれなかったからと言って、
完全にやめてしまわないでください。

また始めればいいんです。

やめてしまうことだけはやめてください(笑

というわけで、
今回はちょっと短いですがこれで終わりにして、

次回、
2.ゆっくりからやる
3.口ドラム
のお話をします。

それでは、最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。
ではではまた。

<まとめ>

○ドラムの練習は必ず毎日やる
○必ずしもスティックを持つ必要はない
○口ドラムやイメトレ、足の動きなどをスキマ時間でやる
出来なかった日があっても自分を責めない
○出来なかった翌日は少しでもいいから必ず練習する

 

それでは、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。
STEP3
2.上手い人はみんなやっているゆっくり練習

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。