Pocket

こんにちは、ながのです。

前回は、これからよろしくお願いします!的なブログでした。

今回は早速スティックを手に入れるところに入ってきます。

 

さて、スティックがないとドラマーとしては戦力外ですね…

あちゃー
まじか…スティック忘れた…

リハーサルに来て、スティックを忘れたことに気付いた時の“…しまった”感は何とも言いようがありません、、、。

「何しに来たんだ、お前??」的な感じ。

 

 

うん、気を取り直して、行きましょう。

スティックってどこで手に入るの?

スティック

これはもう、楽器店です。

実際に本物を手に取るのが一番いいです。

 

「楽器店なんてどこにあるのか知らないよ~」という人は、ネットで調べましょう。

「自分が住んでいる地名(スペース)楽器店」で検索すると出てきます。

もし出てこない場合は、自分ちに近いちょっと大きめの都市名と楽器店で検索してください。

それでも出てこない場合、、、。

 

諦めてください。

嘘です。


この後の文章で初心者にオススメのスティックを紹介するので、それをネットで買って下さい。

アマゾンでも楽天でもいいですが、サウンドハウスという楽器専門のネット通販サイトが安くてオススメですよ。

サウンドハウス ドラムスティック一覧
上の文字列をクリックするとサイトに飛びます。

 

 

というわけで、楽器店が見つかりました。
早速行ってみます。

ではなくて、いったん電話してみましょう。

 

というのも、楽器店には2種類あるんです。

主にクラシック用品を扱うお店とポピュラーミュージック(つまりバンド系、ギターやベース等)も扱うお店とに分かれます。

都市部の楽器店でも、場所によってはクラシック用品しか置いていないところや、ギターやベースはあるけどドラムは無い、というところも時々あります。

 

なので、いったんお店に電話して「ドラムスティックは売ってますか?」と聞いてみるのをオススメします。

楽器店が見つかった!と思って行ってみたけど、探せど探せど店内にスティックが見当たらない、、、

では、やる気が無くなってしまいますからね。

 

で、電話で確認して、出来ればスティックの種類が豊富にあるかどうかも聞ければベストです。

が、とりあえず確認できたら行ってみます。

スティックの選び方

スティック達

これはもう、色々あります。

軽いものから重いものまで。
長いものから短いものまで。
普通の木の色から黒や白、はたまた紫色まで。

初心者の方はあまりの豊富さに「いったいどれを買えばいいんだ~?!」と途方に暮れるのは間違いありません。

意外とここで挫折してドラムを諦める人を僕は知っています…

しかし!

もし、コミュニケーション力に自信がある方ならばたちどころに解決してくれる方法があります。

それは、、、

 

店員さんに聞く。

 

「あの、初めてドラムやるんですけど、スティックは何がいいですか?」

恐らく嬉々としてスティックを選んでくれるはずです。
でもここで、ご注意を。

もし、ドラムをよく知らない店員さんだと、1,000円で10本買えます!
とか安価で大量売りしているものをオススメしてきたりします。


これは、安かろう悪かろうなんですよね。

 

なので、初心者にオススメなのはこれ。

PEARL(パール)の110HC
pearl_110hc

パールがメーカー名で、110HCが品番です。

これは僕が最も標準だなあと思うスティックです。


実際僕に「ドラム教えて!」と言ってきた人にまず買ってもらうのはこのスティックです。

重さも標準、長さも程よい、材質もヒッコリーで標準。

基本中の基本です。

パールはスティックのフルモデルチェンジを行ったみたいで、110HCにも色々細かい姉妹品があるみたいです。

なので、もし店頭に110HCがなければ、110HTCか110STHでも構いません。

それぞれ微妙に違うので110HCが良ければネットで買うのをオススメします。

というわけで、とりあえず何買えばいいのか分からなかったらこれを買って下さい。

 

もし、持った感触が気になるとか、何か霊的なものを感じてしまったら(怖

これを基準にして重いもの、軽いもの、長いもの、短いものを、店員さんと相談しながら探していくと良いと思います。

でも、最初なんで微妙な違いは気にしなくて良いと思いますけどね。

身長が190cmあったりして、手が大きい人はもっと長いもの。

逆に手がちっちゃい人は、短いものの方が使いやすいかもしれません。

 

他には、好きなアーティストやドラマーと同じものを使う、というのも全然アリです。

例えば、シグネチャーモデルという、いわゆる本人が使っているのと同じスティックが売られているのでそれを買うのがいいですね。

ただし、やはりそのドラマーのこだわりがシグネチャーモデルには反映されているので、標準的なものとはかなり違うこともあるのでそのあたりはご注意を。

 

 

とりあえず、最初の1本(2本か?)はこれ!

PEARL(パール)の110HC

pearl_110hc

 

いかがでしたか?

これで、スティックを用意できそうですか?

スティックさえあれば、とりあえずあなたはドラマーです!


これであなたも、ドラムというめくるめく音楽の魔境へ迷い込む準備ができてしまいました(笑


次回はお店に来たついでに、練習パッドを買ってしまおう、という話です。


1ヶ月でドラム叩けるようになるためには、
あった方がいい、です。

 

というわけで、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
ではではまた。

<まとめ>

○スティックはとりあえずこれを買う
PEARL(パール)の110HC

 

それでは、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。

STEP1

2.練習パッドもついでに買う

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

 

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。