Pocket

スティックも何も持ってない状態から1ヶ月でドラムが叩けるようになるために、記事をまとめてみました。

このページに書いてある順番に記事を読んで、練習をすれば1ヶ月でドラムが人前で叩けるレベルになります。

babydrummer

こんばんは、ながのです。

そんなわけで、ドラムが叩けるようになるために、ぜひ読んで欲しい記事をまとめました。
 
 

STEP1からSTEP3まで、それぞれ詳しく解説しているので決して少なくはない文章量です。

ですが、しっかり読んで、しっかり実践すれば、必ずドラムが叩けるようになります。

なので、信じて進んでいって下さいね。


家具の組立とか、テレビとBlu-rayレコーダーを繋ぐとか、部屋の掃除をするとか、そういうのよりもずっと簡単ですから。

というか、より正確に言うなら、楽器を弾いたことがない人ですら簡単に分かるように書いています。

だって、そもそも、ドラムをやったことのないあなたのために書いているんですから。

あなたのことですよ

 

では早速簡単に。

このまとめ記事は全体で3つのステップに分かれています。
 
 
STEP1は準備編です。

何もない状態から、スティックを買い、実際にドラムを叩きにリハスタに行って、叩き方とドラムセットの名前を覚える、とこまで。

リハスタっていうのは練習スタジオのこと。後で説明しますね。

それから、スコア(譜面)の読み方についても教えます。
 
 
 
STEP2は実践編です。

課題曲を実際にどう叩いていくのかを教えます。

と、同時にスティックを持たない、持てない場所での練習方法もお伝えします。

つまり、職場や学校、移動中などですね。
もちろん家での練習方法も説明します。

それと、ドラムのセッティングの話などをします。
 
 
STEP3はマインド編と、少し毛色が違ってきます。

早く上達するために最も大事なことや考え方について説明しています。


抽象度が高いので最初に読んでもピンとこないかもしれません。

でも、繰り返し読んで、実践する内に、段々とその重要性が分かってくるようになっています。

つまり、上達すればする程分かってくる、というような話ですね。
 
 
と、いうわけで、早速記事リンクを並べましょうか。
 
発芽 

STEP1 まずここから(準備編)

1.初心者がドラムを始めるならとにかくまずスティックを買う

2.練習パッドもついでに買う

3.スティックの持ち方(グリップ)と振り方

4.リハスタ行くのに個人練習で予約って何?

5.リハスタでの練習をオススメする理由

6.バスドラとハイハットの踏み方

7.ドラムのタイコとシンバルの名前を説明

8.ドラム譜を読む

 

とりあえず、ここまで来たら準備万端です。
次は実際に課題曲の「野ばら」(奥田民生)を叩くための実践練習へ入ります。

 

STEP2 これで完成(実践編)

1.ドチタチドドタチは魔法の言葉

2.エアドラムとアプリとゆっくり練習と

3.「野ばら」のフィルイン(おかず)の叩き方

4.「野ばら」のリズムパターンを叩く

5.曲を聴きながらとメトロノームを使う練習

6.意外と大事なドラムのイスの話

7.ドラムのセッティングの話

 

と、いうわけでここまで来ればあなたもドラムが叩けます。

…というのはちょっと言葉が足りないですね。

これにあなたの行動が加わって初めて人前でドラムが叩けるようになります。

じゃあ、その行動はどういう考えに基づいてやればいいのかと言うと…

STEP3をご覧下さい。

 

STEP3 大事なこと(マインド編)

1.毎日練習することの意外な理由

2.上手い人はみんなやっているゆっくり練習

3.口ドラムの真実

 

と、いうわけで、これでドラムが叩けます。

いや、ほんとですよ。

スティックも何にも無かった状態から、たった1ヶ月で人前でドラムを叩くというレベルに、あなたは変わります。

楽しみですよね。実際わくわくします。

想像してみてください、、、

からかい半分で見に来た友人達を前にして、おもむろにあなたは曲を叩き始め、そして、叩き終わって、前を見たら…
 
みんなが驚きの目であなたを見ています。
 
友人達から「すげ~な」と言われ、素敵なあの人から「かっこいい…(気になるかも)と言われます(笑

かっこいいかも
 
僕もあなたが人前でドラムを叩くのを楽しみにしています。

ぜひ、1ヶ月続けてみて下さい。

きっと叩けるようになりますから。

さて、今回はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。

STEP1
1.初心者がドラムを始めるならとにかくまずスティックを買う

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。