Pocket

こんにちは、ながのです。

まず、このブログに来てくれて、どうもありがとうございます!!

ありがとう

提供元:https://www.pakutaso.com

これから僕は、初心者のあなたのためにドラムの話をたくさんします。

 

リズム感が無くてもドラムは出来るのか。

ドラムは難しくないのか。

最初は何をすればいいのか。

ドラムは買った方がいいのか。

買わなくても練習できるのか。

仕事で忙しくてもドラムが叩けるようになるのか。

学校、部活、バイトで忙しくても出来るのか。

早く上達するにはどうしたらいいのか。

楽器ができたら異性にモテるのか。

はたまた同性にモテるのか。

 

「自分はリズム感が無いからドラムなんて無理、難しい。」

とあなたが考えているとしたら…。

 

それは大間違いです。

 

と、いうのも、みなさんがテレビとかで目にしてるドラマーの動きっていうのは、長年の鍛錬・積み重ねの結果なんです。

 

そうですね…。

例えば、小学1年生が大学受験なんか合格できないですよね?

 

そう、つまりあなたは小学1年生みたいなもの。

そして、プロドラマーは大学受験に合格できる人。

そんなわけで、プロドラマーのあんな動きはちょっとやそっとじゃ出来ません。

だってプロだし。

 

…でも、プロドラマーも最初は小学1年生でした。

そして、あなたもプロドラマーも人間誰しもリズム感はあるんです。

 

 

だって、あなたは歩けますよね??

 

 

右足出したら左足、早く歩いたり遅く歩いたり、流れに乗ったりかき乱したり。

これ、全部、リズム感が無いと出来ないですよね?

まあ、たまに何にも無いところで転ぶのはご愛嬌ですが。

 

あなたは歩ける=リズム感がある。

 

walking
 
あとは、あなたが持っているリズム感と身体の動きを連動していくだけ。
 
しゃべるのと似てるかもしれません。
 
赤ちゃんは、声は出せますよね。
でも、言葉は知らない。

だから、言葉をしゃべれるように声の出し方を学んでいく。

 

リズム感も一緒です。

あなたも生まれながらに持っている。

 

そのリズム感をドラムという楽器を通して外に表現していく。

 
 
ただ、それだけです。
 
 
どうですか? 
 
 
歩けますよね?
 
  
ドラム、やれるような気がしませんか?

 
このブログを読んで、ドラムや音楽を大好きになる人が、1人でも多く生まれたら僕はとても嬉しいです。

 
では、行きましょうか。

ドラムを始めたいあなたへ

はて

と、いうわけで、次に当てはまる人はぜひ僕のブログを読んでみてください。  
 

 

・ドラムを始めたいけれど、何をどうしたらいいのかよく分からないという人。

・ドラムって何だか難しそうだけど自分にも出来るのかな?という人。

・ドラムを教えてくれる人が身近にいない人。

・ドラムのことが気になってるのに、ずっとふたをしてきた人。

・ドラムで自分の好きな曲を演奏したい人。

・ライブに行くとついドラムに目がいってしまう人。

・音楽を聴くとギターやピアノではなくドラムに耳がいってしまう人。

・ドラムやりたくても忙しい自分には無理だなと思ってる人。

・ドラムやったことないのに1ヶ月後にライヴをやらなければならない人。

・ドラムって何だかいいよねって素敵なあの人が言っていたのを知っちゃった人。
 
 

 

ちなみに、僕自身サラリーマンをやりながらバンド活動をしていました。

だから、サラリーマンだけどドラムって出来ますか?という人は大好物です。

 

もちろん、学生さんでも大丈夫です。

僕も昔は学生でしたし大学3年からドラム始めましたから。

 

中高生で始められたら、プロになるのも夢じゃないですよ。

あ、大学生からでもプロは目指せますよ、当然ですが。

 

ドラムを叩くのに必要なこと

女性ドラマー2

じゃあ、ドラムが叩けるようになるまでにどんなことが必要になるのか。

ざーっと説明してみましょうか。

 

まずは、スティックを手に入れます。

スティックっていうのはドラマーが両手に持ってる棒ですね。
木でできてます。結構しっかりしてます。

で、最初に買うべきスティックは?
どこで売ってるのか?

 

スティックを手に入れたら、どうやって使うのか。

持ち方は?振り方は?基本ってあるの?

 

ドラムは足も使います。

足の使い方は?ばらばらに動かすのか?難しくないの?

 

本物のドラムを叩ける場所があります。

そもそもドラムってどこで練習するの?
買わなきゃいけないの?

 

ドラムの各楽器の名前も説明します。

楽譜(スコア)もちゃんと読めるように説明します。

練習に必要なメトロノームや便利なアプリ、練習パッドなんかもおすすめを紹介します。

 

そして、実際に課題曲を設定して、文章だけじゃなく動画でも叩き方を解説します。

ちゃんと順番どおりに説明していくので、気がついたらドラムが叩けるようになっています。

 

何も心配に思うことはありません。

 

大丈夫。

 

スティックも何もないとこから始めて、叩けるようになるまで全部説明しています。

 

 

ドラムを選ぶということ

というわけで、早速行きましょうか。
 
数ある楽器の中からドラムを選んだあなた。
 
 
無謀ですよね。
 
  
だって、普通に考えたら「本物のドラム」を家で練習できないじゃないですか。

色々でかいし。音とか、楽器とか。
 
それに比べてギターやベースは家で本物を練習できますよね。
 
そう、わざわざドラムを選んだあなたは間違いなく、変わり者です(涙

 

でも、大丈夫。

 

あなたに見る目があった!と言わざるを得ない。

 

だって、とにかく楽しいから!

楽しそうに叩くドラマー

叩いてる時なんて楽し過ぎてにやにやしてしまうくらい。

とにかくドラムは楽しいです。最高です。
 
ドラムって、体を動かすし、音が日常では経験できないくらいの爆音なんです。

だから、単純にスッキリするし、ストレス発散にもってこいなんですよね。
 
 
それに何と言っても叩けば音が出るんですから。
 
 
楽器として簡単過ぎです。

 
 
6本の弦の決められた場所を指で押さえたり、押さえなかったりしなくても大丈夫です。

唇やリードをぶるぶるぶるーっ!と震わせる必要もありません。

 

じゃあ、何を使ってドラムを叩けばいいのか。

そうです、ドラマーが持っているあの2本の棒、スティックってやつですね。

 

ということで、次回はスティックの話をしましょう。

 

スティックはどうやって手に入れるの?

最初に買うのはどれがいいの?

そんな話をしていきます。

 

というわけで、最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!

早速次の記事へ進んでスティックを手に入れてくださいね。

 

 

と、その前に!

 

実は、まとめ記事もあります。

 

スティック?そんなのもう持ってるよ!

もっと叩けるまでの道順がズバッと分かる一覧を教えてよ!読みたいやつから読むから。

 

という、せっかちなあなたにぴったりの記事があります。

それがこちらの記事↓

1ヶ月で叩けるようにまとめました

 

こちらの記事なら、ゼロから叩けるまでの過程が一覧で分かるので、自分に必要な記事から読むことができます。

 

 

<まとめ>

○人間誰しもリズム感はある

○このブログの通りやれば1ヶ月後にちゃんと1曲叩けるようになる

 

それでは、下にあるリンクをクリックして次を読んでくださいね。

STEP1
初心者がドラムを始めるならとにかくまずスティックを買う 

 

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

実は、ブログの内容をぎゅっと濃縮したメール講座を作りました。

 

ドラムは他の楽器に比べて、初心者が入門曲を1曲通して演奏できるようになるまでの時間が短い楽器です。

 

ぜひ、メール講座に登録してドラムを叩けるようになりましょう。

登録ページはこちら↓

ドラム初心者向け無料メール講座
「ナナプロ」

 

無料レッスン開催

そして、初心者向け無料ドラムレッスンも開催します。

詳しくはこちらのページにまとめてありますので、良かったらのぞいてみてください。

ドラム初心者向け無料レッスン開催します!

 

 

 

注)コメントの入力はコメント欄の一番最後です。つまり、ページの下の方になります。

記事のすぐ下に入力欄を配置できないか現在調整中ですので、コメント入力する方はいったんページ最下部まで降りてから少し上がるのがオススメです。

ちなみに、コメントにもお役立ち情報が結構書かれてますよ。